武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

公開日: 更新日:

「ナオチ」こと大坂なおみの快挙に最も貢献した人物として挙げられているのが、コーチのサーシャ・バインだ。

 ドイツ出身の33歳、元選手。セリーナ・ウィリアムズのチームの一員として8年間もヒッティングパートナーを務め“秘密兵器”とも、ガードマンとも呼ばれた。その後、アザレンカやウォズニアッキのチームに加わり、大坂と契約したのが昨年11月末。コーチとしては初めての職場で、セリーナとの全米決勝での対決は、サーシャの因縁試合でもあったわけだ。

 この人物は明るく、優しく、ガタイがいい。イケメンといわれるが決してセクシーではなく、安全パイとして女性は親近感を抱くだろう。それも大事なポイントかも知れない。

 サーシャの前に、日本テニス協会が間に入ってデビッド・テーラーがコーチに就いていた。しかし、このヒンギスやストーサーらトップ選手を育てた辣腕コーチとは1年持たなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

もっと見る