武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ“天然の無邪気さ”は過当競争の外だから保たれた

公開日: 更新日:

 全米決勝は、セリーナ・ウィリアムズが警告を3度受ける異様な幕切れだった。優勝セレモニーでの激しいブーイングが整然とした拍手に変わったのは、大坂なおみが司会者の質問を遮って、こう切り出したときだ。

「皆さんが彼女(セリーナ)を応援していたのに、こんな結果になってごめんなさい」

 泣き顔でしゃくり上げペコリと頭を下げた。

 勝者が敗者に対し「ソーリー」と言うことは、これまでもあった。ナダルがフェデラーに言ったこともある。だが、異様な状況下で20歳の新人が口にした率直な言葉は新鮮で、我を忘れて興奮する大人たちをたしなめるようだった。

 テニスでは相手のミスも得点になる。言葉を換えれば、相手の失敗が己の得になるため、以前は相手のミスに対してスタンドは拍手しなかった。最近はダブルフォールトにさえ拍手が起きる。ゲームが高度化し、ミスが「ミスを導いた力」、ダブルフォールトは「精神戦の勝利」と解釈が変わり、競技はギスギスしてきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  2. 2

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    木下優樹菜 急転直下“引退宣言”で嘘も噂も一度リセット?

もっと見る