武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみ“天然の無邪気さ”は過当競争の外だから保たれた

公開日: 更新日:

 全米決勝は、セリーナ・ウィリアムズが警告を3度受ける異様な幕切れだった。優勝セレモニーでの激しいブーイングが整然とした拍手に変わったのは、大坂なおみが司会者の質問を遮って、こう切り出したときだ。

「皆さんが彼女(セリーナ)を応援していたのに、こんな結果になってごめんなさい」

 泣き顔でしゃくり上げペコリと頭を下げた。

 勝者が敗者に対し「ソーリー」と言うことは、これまでもあった。ナダルがフェデラーに言ったこともある。だが、異様な状況下で20歳の新人が口にした率直な言葉は新鮮で、我を忘れて興奮する大人たちをたしなめるようだった。

 テニスでは相手のミスも得点になる。言葉を換えれば、相手の失敗が己の得になるため、以前は相手のミスに対してスタンドは拍手しなかった。最近はダブルフォールトにさえ拍手が起きる。ゲームが高度化し、ミスが「ミスを導いた力」、ダブルフォールトは「精神戦の勝利」と解釈が変わり、競技はギスギスしてきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る