大坂なおみ全米制覇で 黒人ハーフのジュニア育成急加速?

公開日:

 外国人の血に頼らざるを得ないということか。

 テニスの全米オープンで日本人初の4大大会シングルス女王となった大坂なおみ(20)は、母は日本人で父はハイチ系米国人。生まれは大阪だが3歳から米国へ移住。今は二重国籍で片言の日本語しか話せない。黒人とのハーフで、180センチと大柄な体格から繰り出す200キロ近いサーブを見て、「日本人初」という響きに違和感を覚える人も少なくないそうだ。

 しかし、国内のスポーツ界には、オコエ瑠偉、宗佑磨(プロ野球)、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン・アブデル・ハキーム(陸上)、高安(大相撲)、酒井高徳(サッカー)、ベイカー茉秋(柔道)、渡嘉敷来夢、八村塁(バスケット)、ダニエル太郎(テニス)、吉村真晴(卓球)など、すでにハーフやクオーターの選手が多数存在し、五輪でメダルを取った者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る