“中継ぎエース”マエケンを悩ますブルワーズの強打と機動力

公開日: 更新日:

 今やドジャースの中継ぎエースを務めているのが前田健太(30)だ。

 今季は8月中旬に先発からリリーフに配置転換。安定した働きぶりを評価され、守護神ジャンセンへとつなぐ不動のセットアッパーの定位置を掴んだ。ブレーブスとの地区シリーズでは第4戦の1試合のみの登板だったが、1回を無失点に抑えて、チームのリーグ優勝決定シリーズ進出に貢献した。

 デーブ・ロバーツ監督はレギュラーシーズン終盤からの前田の働きについて「ケンタがブルペンにいると心強い」と絶大な信頼を寄せている。88年以来、30年ぶりの世界一を目指すドジャースにとって欠かせない存在となっているが、次の対戦相手であるブルワーズ打線は一筋縄にはいかない。

 今季の首位打者(打率.326)で、主に2番を打つイエリッチ外野手を中心とした打線は強力。リーグ2位のチーム本塁打数(218)に加え、チーム総盗塁124はリーグトップ。破壊力と機動力を兼ね備えた打線は、メジャー屈指の投手陣を擁するドジャースであっても脅威だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る