ヤンキースが地区S敗退…審判は第3戦で誤審頻発の大失態

公開日: 更新日:

 ヤンキースが9日(日本時間10日)、レッドソックスとの地区シリーズ第4戦に3対4で敗れ、今季終了を迎えたが、史上球団ワーストの16失点を喫した8日(同9日)の同シリーズ第3戦。世紀の凡戦で、審判も大失態を演じていた。この試合で一塁塁審を務めたエンゼル・ヘルナンデス(57)がミスジャッジを連発したのだ。

 ベテラン審判は四回、「アウト」と判定したヤンキース・グレゴリウスの内野ゴロがビデオ判定で覆るなど、計3度の誤審があったという。

 9日のCBSスポーツ(電子版)によれば、「四回までに3度も覆った」としており、四回の判定は「明らかな間違いだった」と断定している。短期決戦のポストシーズンは一つのプレー、判定が試合の流れを左右するため、経験豊富なアンパイアが審判団に名を連ねる。熱戦に水を差さないためにも、ミスを繰り返したヘルナンデス審判は即刻、ポストシーズンから外した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

もっと見る