大学社会人は枯渇 吉田輝星プロ表明で“ドラ1”は高校生席巻

公開日:

「今年は不作だね。1位で評価できるのは12人に満たない。10人いるかどうかだよ」

 ドラフト会議(10月25日)が2週間後に迫る中、各球団のスカウトはこう言って頭を痛めている。

 1位指名が濃厚といわれているのは、高校生では10日にプロ表明をする吉田輝星(金足農=右投げ・右打ち)をはじめ、投打二刀流の根尾昂(大阪桐蔭=右・左)、外野手の藤原恭大(同=左・左)、遊撃手の小園海斗(報徳学園=右・左)の4人。

 大学・社会人では甲斐野央(東洋大=右・右)、梅津晃大(同=右・右)、上茶谷大河(同=右・右)の投手三羽ガラスに、投手の松本航(日体大=右・右)、外野手の辰己涼介(立命大=右・左)といったところだ。

「大学生は全体的に例年より力が落ちていて、社会人の中には確実に1位といえる選手がいない。現状では根尾が4~5球団程度の競合になりそう。話題性十分の吉田、数年後には中軸を打てる藤原も指名が重複する。U18で守備のほころびを見せた小園も、遊撃手は貴重なだけに依然として人気はある。吉田がプロ入りを決断したことで、高校生優位は揺るぎなくなっている。ヨーイドンの1巡目は高校生に集中する可能性があります」(在京球団スカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る