2度のV3支えた山口引退で 巨人がFAで狙う“強い選手”の名前

公開日:  更新日:

 巨人の山口鉄也(34)が5日、都内で会見を開き、現役引退を表明した。近年は左肩痛に悩まされ、「やり切った気持ちでいっぱい」と吹っ切れた表情で話した。

 2005年に育成ドラフトで入団すると、08年からプロ野球記録となる9年連続60試合登板の日本記録を樹立した。左の絶対的セットアッパーとして原辰徳監督(60)の第2次政権を支え、2度のリーグ3連覇に大きく貢献。指揮官に「レジェンド」や「陰のMVP」とあがめられた。通算642試合に登板したが、今季は一軍登板ゼロ。「9月ごろにファームの試合でまた左肩を痛めてしまって、球団といろいろ話をした結果、体の方も限界が見えてきたので決断した」と説明した。

 今季限りでの辞任を表明した高橋由伸監督(43)に代わり、来季から3度目の就任が決定的となっている原前監督は「野球は投手」が持論である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る