決定打で窮地救った日ハム大田 古巣の原監督が熱視線も?

公開日:

 大田泰示(28)の一振りで日本ハムが崖っぷちに踏みとどまった。

 初戦を取られて迎えた14日のパCSファーストステージ第2戦。同点に追いつかれた直後の八回2死二塁の好機で打席に入ると、立て続けにボール球のフォークに手を出し、3球で追い込まれた。が、動じない。

「そこから食らいつくことができた」

 6球目の真ん中高めの真っすぐを振り抜くと、決勝のタイムリー二塁打が左中間を割った。

 チームが敗れた前日の初戦は2番で先発出場して3タコ。七回の好機に代打を送られた。スマホを手に取り、電話をかけたのはその日の夜。相手は今季限りで引退する巨人時代からの先輩、矢野謙次(38)だった。

 大田には一発のパワーがある。長打を警戒する相手バッテリーは基本的にアウトコース中心の配球。当然、大田本人もそれは頭にあるものの、頭にあるからこそ外のボール球につい手を出してしまうことがある。そう矢野に指摘され、外角球の見極め方を伝授された。この日の殊勲打はカウント1―2と追い込まれたあと、外の際どいボール球を2球連続で見切った末の一打だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る