決定打で窮地救った日ハム大田 古巣の原監督が熱視線も?

公開日: 更新日:

 大田泰示(28)の一振りで日本ハムが崖っぷちに踏みとどまった。

 初戦を取られて迎えた14日のパCSファーストステージ第2戦。同点に追いつかれた直後の八回2死二塁の好機で打席に入ると、立て続けにボール球のフォークに手を出し、3球で追い込まれた。が、動じない。

「そこから食らいつくことができた」

 6球目の真ん中高めの真っすぐを振り抜くと、決勝のタイムリー二塁打が左中間を割った。

 チームが敗れた前日の初戦は2番で先発出場して3タコ。七回の好機に代打を送られた。スマホを手に取り、電話をかけたのはその日の夜。相手は今季限りで引退する巨人時代からの先輩、矢野謙次(38)だった。

 大田には一発のパワーがある。長打を警戒する相手バッテリーは基本的にアウトコース中心の配球。当然、大田本人もそれは頭にあるものの、頭にあるからこそ外のボール球につい手を出してしまうことがある。そう矢野に指摘され、外角球の見極め方を伝授された。この日の殊勲打はカウント1―2と追い込まれたあと、外の際どいボール球を2球連続で見切った末の一打だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  9. 8

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る