決定打で窮地救った日ハム大田 古巣の原監督が熱視線も?

公開日: 更新日:

 大田泰示(28)の一振りで日本ハムが崖っぷちに踏みとどまった。

 初戦を取られて迎えた14日のパCSファーストステージ第2戦。同点に追いつかれた直後の八回2死二塁の好機で打席に入ると、立て続けにボール球のフォークに手を出し、3球で追い込まれた。が、動じない。

「そこから食らいつくことができた」

 6球目の真ん中高めの真っすぐを振り抜くと、決勝のタイムリー二塁打が左中間を割った。

 チームが敗れた前日の初戦は2番で先発出場して3タコ。七回の好機に代打を送られた。スマホを手に取り、電話をかけたのはその日の夜。相手は今季限りで引退する巨人時代からの先輩、矢野謙次(38)だった。

 大田には一発のパワーがある。長打を警戒する相手バッテリーは基本的にアウトコース中心の配球。当然、大田本人もそれは頭にあるものの、頭にあるからこそ外のボール球につい手を出してしまうことがある。そう矢野に指摘され、外角球の見極め方を伝授された。この日の殊勲打はカウント1―2と追い込まれたあと、外の際どいボール球を2球連続で見切った末の一打だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る