大谷の“新ボス”選考に異例の筆記試験 論術問題で適正測る

公開日:

 今季限りで退任したマイク・ソーシア監督の後任探しに着手しているエンゼルスの人選方法が明らかになった。

 次期監督候補者たちに対し、従来の面談に加えて筆記試験を課すというのだ。MLB公式サイトのジョン・モロシ記者が15日(日本時間16日)に伝えている。

 同記者によれば、筆記試験では、分析力やコミュニケーション能力、采配能力を見極める問題が出され、試験時間は2時間。候補者に論述問題を課して、監督としての適性を測るという。

 エ軍は、メジャーを代表するスラッガーであるマイク・トラウト外野手に加え、今季、二刀流で全米に衝撃を与えた大谷翔平の2人の大物選手を抱える。2人の実力を存分に生かしながら、チーム再建を託せる人材を探しているとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る