大谷の“新ボス”選考に異例の筆記試験 論術問題で適正測る

公開日: 更新日:

 今季限りで退任したマイク・ソーシア監督の後任探しに着手しているエンゼルスの人選方法が明らかになった。

 次期監督候補者たちに対し、従来の面談に加えて筆記試験を課すというのだ。MLB公式サイトのジョン・モロシ記者が15日(日本時間16日)に伝えている。

 同記者によれば、筆記試験では、分析力やコミュニケーション能力、采配能力を見極める問題が出され、試験時間は2時間。候補者に論述問題を課して、監督としての適性を測るという。

 エ軍は、メジャーを代表するスラッガーであるマイク・トラウト外野手に加え、今季、二刀流で全米に衝撃を与えた大谷翔平の2人の大物選手を抱える。2人の実力を存分に生かしながら、チーム再建を託せる人材を探しているとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る