ボクシング村田が防衛失敗で…ゴロフキン戦“白紙”の大誤算

公開日: 更新日:

 赤く腫れあがった両目が「完敗」を物語った。

 日本時間21日、米ラスベガスのパークシアターで行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで、王者の村田諒太(32=帝拳)が挑戦者で同級3位のロブ・ブラント(28=米国)に0―3の判定負け。3人のジャッジにいずれも8ポイント以上の大差をつけられ、2度目の防衛に失敗した。

「ブラントは思ったより速かった。右が読まれ、研究された印象。自分のボクシングの幅の狭さを感じた。完全に負けたと思った」

 との言葉通り、ブラントのジャブとスピードに翻弄されて、自慢の強打は空回り。ほとんど見せ場のないまま、相手の手数に押し切られた。

 今後について、「これだけ大きな舞台をつくってもらって、負けて、はい、じゃあ次、という気持ちになれない。そんなすぐに答えが出ることじゃないと思う」と明言を避けた村田。陣営も大誤算と頭を抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る