ネリへの対応「日本は甘すぎる」 伝説のレフェリーが苦言

公開日:  更新日:

「私も試合を見て、腹が立ちました。山中があまりにかわいそうです」

 こう話すのは日本ボクシングコミッション元事務局長で、3万マッチを裁いたレフェリー、森田健氏だ。

 1日に行われた、ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の山中慎介(35)はルイス・ネリ(23)に2回TKO負けし、試合後、現役引退を表明した。

 ネリは前日1回目の計量で55.8キロ。規定を2.3キロもオーバーし、2時間後の再計量でも1キロしか落とせず、王座が剥奪された。

 これには認定団体であるWBCも激怒。ネリを無期限資格停止とし、さらに試合後に受け取る予定だったファイトマネーの7割を支払わないよう、プロモーターの帝拳ジムに指示した。とはいえ、ボクシングの主要認定団体はWBC以外にも、WBA、IBF、WBOと3つある。他団体で試合をする限り、資格停止の効力は及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る