ネリへの対応「日本は甘すぎる」 伝説のレフェリーが苦言

公開日: 更新日:

「私も試合を見て、腹が立ちました。山中があまりにかわいそうです」

 こう話すのは日本ボクシングコミッション元事務局長で、3万マッチを裁いたレフェリー、森田健氏だ。

 1日に行われた、ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の山中慎介(35)はルイス・ネリ(23)に2回TKO負けし、試合後、現役引退を表明した。

 ネリは前日1回目の計量で55.8キロ。規定を2.3キロもオーバーし、2時間後の再計量でも1キロしか落とせず、王座が剥奪された。

 これには認定団体であるWBCも激怒。ネリを無期限資格停止とし、さらに試合後に受け取る予定だったファイトマネーの7割を支払わないよう、プロモーターの帝拳ジムに指示した。とはいえ、ボクシングの主要認定団体はWBC以外にも、WBA、IBF、WBOと3つある。他団体で試合をする限り、資格停止の効力は及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る