• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネリへの対応「日本は甘すぎる」 伝説のレフェリーが苦言

「私も試合を見て、腹が立ちました。山中があまりにかわいそうです」

 こう話すのは日本ボクシングコミッション元事務局長で、3万マッチを裁いたレフェリー、森田健氏だ。

 1日に行われた、ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ。挑戦者の山中慎介(35)はルイス・ネリ(23)に2回TKO負けし、試合後、現役引退を表明した。

 ネリは前日1回目の計量で55.8キロ。規定を2.3キロもオーバーし、2時間後の再計量でも1キロしか落とせず、王座が剥奪された。

 これには認定団体であるWBCも激怒。ネリを無期限資格停止とし、さらに試合後に受け取る予定だったファイトマネーの7割を支払わないよう、プロモーターの帝拳ジムに指示した。とはいえ、ボクシングの主要認定団体はWBC以外にも、WBA、IBF、WBOと3つある。他団体で試合をする限り、資格停止の効力は及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る