計量ミスで厳罰処分も…比嘉大吾は階級変更で復活できるか

公開日: 更新日:

 25日、JBC(日本ボクシングコミッション)が前WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22)の処分を発表した。

 比嘉は15日に行われた防衛戦の前日計量で900グラムのオーバー。体重超過でタイトルを剥奪されていた。

 この日、JBCは倫理委員会を開き、比嘉のボクサーライセンスの無期限停止を決めるとともに、ファイトマネーの20%を制裁金として徴収。具志堅会長らジム関係者にも戒告処分を与え、復帰の際は1階級以上上げることを申し渡した。

 日本選手の世界戦での計量失敗は比嘉が初めて。厳しい処分は当然だが、一方で安河内JBC事務局長は「(比嘉は)ボクシング界の宝。どう救済するかも考えた」とも話している。無期限とはいえ、1年程度で処分は解けるのでは、ともっぱらだ。

 比嘉はかねて、減量を苦にしていた。それだけに階級変更はむしろプラスだろう。あるジム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  7. 7

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る