「開幕当初は大谷不在」と断言…エ軍新監督の思惑と計算

公開日: 更新日:

 右肘を手術したエンゼルス・大谷翔平(24)の戦列復帰が遅れそうだ。

 来季からエンゼルスを率いるブラッド・オースマス新監督(49)は22日(日本時間23日)に会見し、大谷について「(復帰を)急がせたくない。開幕当初は不在でも、シーズンの残りでプレーして再来年に投げられる方がいい」と話した。

 大谷が受けた靱帯を修復するトミー・ジョン手術は野手なら6カ月で実戦復帰は可能とされる。回復が順調なら、大谷は来季開幕に間に合うとみられていた。来季はDHに専念するとはいえ、投手としてのリハビリも必要な二刀流だけに、新監督が「やっていることはメジャーのレベルでは前例がないので、慎重に進めたい」と言うのは当然として、あえて「開幕当初は不在」とブレーキを踏むのは、東部の名門ダートマス大学を卒業したインテリ指揮官なりの計算があってのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る