大谷のボス決定 エ軍オースマス新監督は日本人選手を熟知

公開日: 更新日:

 大谷翔平(24)の来季からのボスが決まった。

 今季限りで退任したマイク・ソーシア氏の後任を探していたエンゼルスは21日(日本時間22日)、GM特別補佐を務めたブラッド・オースマス新監督(49)の就任を発表。複数の米メディアによると、契約は来季からの3年間。

 昨季まで指揮を執ったタイガースでは4年間で通算314勝332敗。就任1年目の14年には90勝72敗でア・リーグ中地区優勝に導いた。

 ビリー・エプラーGMはオースマス氏の就任に関して「複数の候補者と面談を行い、最終的にブラッド(オースマス氏)のコミュニケーション能力、統率力、新しい戦略、戦術への理解、決断の仕方など、バランスの良さを評価して、今回の決定に至った」と談話を発表した。

 今季は同GMの右腕を務めてきただけに、大谷の二刀流に関しては理解しているとみられ、日本人選手についても熟知している。現役時代は捕手としてタイガース、アストロズ、ドジャースでプレーしたオースマス新監督。野茂英雄、黒田博樹、木田優夫ら多くの日本人投手とバッテリーを組んだ。ド軍時代には黒田登板の際、8試合(計21回3分の1)にマスクをかぶり、防御率3・48とまずまずの結果を残している。

 大谷の二刀流復帰は再来年になるが、新監督の手綱さばきはいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る