ドジャース前田 好調の秘密は大谷を上回るボールの回転量

公開日:

 ドジャース・前田健太(30)が好調だ。

 今季は8月中旬に先発から中継ぎに配置転換され、ポストシーズンはナ・リーグの地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズの計3試合(2回3分の1)を2安打、無失点、2三振と安定した働きぶりだ。

 前田は抜群の制球力に加え、キレのあるスライダーに定評があるものの、強みはそれだけではない。

 直球の伸びやキレを示す指標とされるスピンレート(1分間の回転数)は2298。メジャー平均の2263を上回っている。同じ日本人投手と比べると、カブス・ダルビッシュ(2524)、ヤンキース・田中(2405)には及ばないが、ダイヤモンドバックス・平野(2214)、パドレス・牧田(2021)、エンゼルス・田沢(2253)を抑えて日本人リリーバーではトップだ。エンゼルス・大谷は2164で、前田は回転数だけで比較すれば、160キロ右腕よりも伸びのあるストレートを投げていることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る