ドラ1候補に急浮上 浦和学院“大谷2世”渡邉勇太朗って誰?

公開日: 更新日:

 ここにきて、人気が上昇している。

 夏の甲子園ベスト8右腕で、U18の日本代表にも選ばれた渡邉勇太朗(浦和学院)のことだ。

 身長190センチ、90キロの恵まれた体から繰り出す最速149キロのストレートとカーブが武器。大谷翔平(エンゼルス)の投球フォームを参考にしており、「大谷2世」との呼び声が高い。

 人気、話題性では同じ高校生投手の金足農・吉田には劣るものの、ポテンシャルの高さに、複数球団のスカウトが惚れ込んでいるのだ。

 さるパ球団のスカウトは、「2位では指名できないでしょう。3月に右ヒジの靱帯を痛め、約2カ月離脱したことがある。活躍した時期は実質的に3年夏だけだったが、順調に成長していれば、1位競合もあった」と、こう続ける。

「吉田は完成度が高いものの、潜在能力なら渡邉が高校生でナンバーワン。数年後にはエースになれる逸材です。背が高い上に顔が小さいところも大谷にソックリ。右腕の使い方が上手で癖のないフォームだし、下半身の使い方は大谷よりもうまいと思う。プロで本格的なトレーニングに取り組めば、150キロ以上をマークする可能性を秘めています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る