ドラ1候補に急浮上 浦和学院“大谷2世”渡邉勇太朗って誰?

公開日: 更新日:

 ここにきて、人気が上昇している。

 夏の甲子園ベスト8右腕で、U18の日本代表にも選ばれた渡邉勇太朗(浦和学院)のことだ。

 身長190センチ、90キロの恵まれた体から繰り出す最速149キロのストレートとカーブが武器。大谷翔平(エンゼルス)の投球フォームを参考にしており、「大谷2世」との呼び声が高い。

 人気、話題性では同じ高校生投手の金足農・吉田には劣るものの、ポテンシャルの高さに、複数球団のスカウトが惚れ込んでいるのだ。

 さるパ球団のスカウトは、「2位では指名できないでしょう。3月に右ヒジの靱帯を痛め、約2カ月離脱したことがある。活躍した時期は実質的に3年夏だけだったが、順調に成長していれば、1位競合もあった」と、こう続ける。

「吉田は完成度が高いものの、潜在能力なら渡邉が高校生でナンバーワン。数年後にはエースになれる逸材です。背が高い上に顔が小さいところも大谷にソックリ。右腕の使い方が上手で癖のないフォームだし、下半身の使い方は大谷よりもうまいと思う。プロで本格的なトレーニングに取り組めば、150キロ以上をマークする可能性を秘めています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る