根尾に指名集中する隙に…西武が吉田輝星の“一本釣り”画策

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園で準優勝投手に輝いた吉田輝星(金足農)といえば、一時期は「ドラ1指名間違いなし」といわれた逸材。大会中から巻き起こった「金農フィーバー」もあり、全国にその顔と名前が知れ渡った。

 それが二刀流の根尾(大阪桐蔭)人気に押されてか、いまや「外れ1位じゃないか」ともいわれる始末。しかし、あるスカウトは「西武が一本釣りを狙っている」と話す。

 西武は今季、チーム防御率4.24と投壊状態。いくら吉田が逸材とはいえ、育成に時間のかかる高校生より即戦力投手を指名するともっぱらだが、「だからこそ吉田なんですよ」と、このスカウトが続ける。

「現時点で上茶谷や甲斐野らの大学生投手と比べても技術、体力はひけをとらない。少なくとも西武はそう判断していて、獲得すれば来季の球宴前くらいには一軍デビューさせる青写真を描いているとか。そういえば、2014年ドラ1の高橋光(前橋育英)も、1年目の15年8月に一軍初登板を果たしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る