根尾に指名集中する隙に…西武が吉田輝星の“一本釣り”画策

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園で準優勝投手に輝いた吉田輝星(金足農)といえば、一時期は「ドラ1指名間違いなし」といわれた逸材。大会中から巻き起こった「金農フィーバー」もあり、全国にその顔と名前が知れ渡った。

 それが二刀流の根尾(大阪桐蔭)人気に押されてか、いまや「外れ1位じゃないか」ともいわれる始末。しかし、あるスカウトは「西武が一本釣りを狙っている」と話す。

 西武は今季、チーム防御率4.24と投壊状態。いくら吉田が逸材とはいえ、育成に時間のかかる高校生より即戦力投手を指名するともっぱらだが、「だからこそ吉田なんですよ」と、このスカウトが続ける。

「現時点で上茶谷や甲斐野らの大学生投手と比べても技術、体力はひけをとらない。少なくとも西武はそう判断していて、獲得すれば来季の球宴前くらいには一軍デビューさせる青写真を描いているとか。そういえば、2014年ドラ1の高橋光(前橋育英)も、1年目の15年8月に一軍初登板を果たしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る