マエケン無失点も…ドジャースはWシリーズで痛い連敗喫す

公開日: 更新日:

 東西の伝統球団同士によるワールドシリーズは24日(日本時間25日)、第2戦が行われ、レッドソックスが競り合いを制して連勝。前田健太(30)が所属するドジャースは痛い連敗を喫した。

 その前田は2点を追う七回から登板。先頭で9番のバスケスを150キロ超の直球で二ゴロに打ち取る。不動のリードオフマンで今季のア・リーグMVP候補のベッツには変化球が甘く入り、グリーンモンスター(左翼フェンス)直撃の二塁打を許した。ピンチを招いたが、続くベニンテンディを外角低めのスプリットでバットに空を切らせたところで降板。3分の2回を1安打無失点だった。

 30年ぶりの世界一を目指すドジャースは、本拠地ロサンゼルスで行われる26日(同27日)からの第3戦で巻き返しを図る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る