マエケン無失点も…ドジャースはWシリーズで痛い連敗喫す

公開日: 更新日:

 東西の伝統球団同士によるワールドシリーズは24日(日本時間25日)、第2戦が行われ、レッドソックスが競り合いを制して連勝。前田健太(30)が所属するドジャースは痛い連敗を喫した。

 その前田は2点を追う七回から登板。先頭で9番のバスケスを150キロ超の直球で二ゴロに打ち取る。不動のリードオフマンで今季のア・リーグMVP候補のベッツには変化球が甘く入り、グリーンモンスター(左翼フェンス)直撃の二塁打を許した。ピンチを招いたが、続くベニンテンディを外角低めのスプリットでバットに空を切らせたところで降板。3分の2回を1安打無失点だった。

 30年ぶりの世界一を目指すドジャースは、本拠地ロサンゼルスで行われる26日(同27日)からの第3戦で巻き返しを図る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る