5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

公開日: 更新日:

 阪神はどう動くか。

 17日、16年から2年連続で打率4割をマークし、17年には三冠王を獲得するなど、台湾球界屈指の強打者であるラミゴの王柏融外野手(25)が、ポスティングによる海外移籍を目指すことが決まった。日本を最優先に、メジャーを含めて移籍先を探すという。ポスティングといっても、日台間には制度自体が存在しない。ラミゴは、日米間のポスティングシステムを参考にプロセスを踏みたいという。パ球団の渉外担当が言う。

「台湾選手を獲得する際は、所属球団と水面下で直接交渉し、移籍金を払うケースが多い。今回は公に『競売』にかけ、代理人も介在する。やり手で知られ、ダルビッシュやマエケンが契約するワッサーマン・メディア・グループが取りしきるという。王の今季年俸は2300万円だが、入札金を含めた獲得資金は5億円以上の攻防になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る