5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

公開日:  更新日:

 阪神はどう動くか。

 17日、16年から2年連続で打率4割をマークし、17年には三冠王を獲得するなど、台湾球界屈指の強打者であるラミゴの王柏融外野手(25)が、ポスティングによる海外移籍を目指すことが決まった。日本を最優先に、メジャーを含めて移籍先を探すという。ポスティングといっても、日台間には制度自体が存在しない。ラミゴは、日米間のポスティングシステムを参考にプロセスを踏みたいという。パ球団の渉外担当が言う。

「台湾選手を獲得する際は、所属球団と水面下で直接交渉し、移籍金を払うケースが多い。今回は公に『競売』にかけ、代理人も介在する。やり手で知られ、ダルビッシュやマエケンが契約するワッサーマン・メディア・グループが取りしきるという。王の今季年俸は2300万円だが、入札金を含めた獲得資金は5億円以上の攻防になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る