PSで明らか メジャーの監督に「経験や実績」はむしろ邪魔

公開日: 更新日:

 巨人の山口オーナーは今回の次期監督人事に関して「経験、実績といったことが必要」と言ったが、経験も実績もお構いなしで成功しているのが海の向こうの大リーグだ。

 日本時間19日、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズを制して5年ぶりのワールドシリーズ進出を決めたレッドソックス。指揮を執るコーラ監督(43)は就任1年目。現役引退後、解説者を経て昨年1年間、アストロズのベンチコーチを務めただけで老舗人気球団を率い、結果を出した。

 同地区・ヤンキースのブーン監督(45)も就任1年目ながら今季、プレーオフに駒を進めた。コーラ監督同様、解説者上がりで、こちらはコーチ経験すらない。

 ナ・リーグでドジャースとリーグ優勝を争うブルワーズのカウンシル監督(48)も、監督やコーチ経験はない。


 メジャーはいま、フロント主導のデータ野球全盛。データをもとに編成されたチームを、フロントの意向に沿って指揮するスタンスが主流だ。近年、結果を出しているチームほどそういった傾向が強い。長年にわたる経験や実績で培ったベテラン監督の勘やひらめきはむしろ邪魔だそうだ。

 ちなみに日本にもメジャー同様、「グラウンド内までフロント主導」を実践している球団が中にはあるが、だから勝てるわけではない。勝つにはドラフトや育成を含めたチームづくり、グラウンド上の選手起用や戦略が的確であることが大前提なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る