PSで明らか メジャーの監督に「経験や実績」はむしろ邪魔

公開日: 更新日:

 巨人の山口オーナーは今回の次期監督人事に関して「経験、実績といったことが必要」と言ったが、経験も実績もお構いなしで成功しているのが海の向こうの大リーグだ。

 日本時間19日、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズを制して5年ぶりのワールドシリーズ進出を決めたレッドソックス。指揮を執るコーラ監督(43)は就任1年目。現役引退後、解説者を経て昨年1年間、アストロズのベンチコーチを務めただけで老舗人気球団を率い、結果を出した。

 同地区・ヤンキースのブーン監督(45)も就任1年目ながら今季、プレーオフに駒を進めた。コーラ監督同様、解説者上がりで、こちらはコーチ経験すらない。

 ナ・リーグでドジャースとリーグ優勝を争うブルワーズのカウンシル監督(48)も、監督やコーチ経験はない。


 メジャーはいま、フロント主導のデータ野球全盛。データをもとに編成されたチームを、フロントの意向に沿って指揮するスタンスが主流だ。近年、結果を出しているチームほどそういった傾向が強い。長年にわたる経験や実績で培ったベテラン監督の勘やひらめきはむしろ邪魔だそうだ。

 ちなみに日本にもメジャー同様、「グラウンド内までフロント主導」を実践している球団が中にはあるが、だから勝てるわけではない。勝つにはドラフトや育成を含めたチームづくり、グラウンド上の選手起用や戦略が的確であることが大前提なのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る