日本人2人目の快挙 NBAデビューした渡辺雄太の実力と評判

公開日: 更新日:

「短い時間だが、こちらが求めているものを理解し、プレーしてくれた」

 ビッカースタッフ監督の賛辞は、決してお世辞ではないだろう。

 27日(日本時間28日)、NBAのメンフィス・グリズリーズに所属する渡辺雄太(24)がサンズ戦に最終第4クオーターから途中出場。4分31秒のプレーで、フリースロー2得点、2リバウンドをマークした。

 過去、日本人でNBA出場を果たしたのは、2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)ただひとり。渡辺は2人目という快挙を成し遂げた。

 206センチ、93キロという米国人にもひけをとらない体格を誇る渡辺は、バスケ一家に生まれた。父は実業団の強豪・熊谷組で、母はシャンソン化粧品で日本代表も経験した名選手だ。将来のNBAプレーヤーを目指し、尽誠学園から米ジョージワシントン大に留学。今年5月に卒業後、グリズリーズとツーウエー契約を結んだ。普段はグリズリーズ下部のハッスルに所属しながら、シーズン45日間のみ、NBA昇格が可能という契約だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る