日本人2人目の快挙 NBAデビューした渡辺雄太の実力と評判

公開日: 更新日:

「短い時間だが、こちらが求めているものを理解し、プレーしてくれた」

 ビッカースタッフ監督の賛辞は、決してお世辞ではないだろう。

 27日(日本時間28日)、NBAのメンフィス・グリズリーズに所属する渡辺雄太(24)がサンズ戦に最終第4クオーターから途中出場。4分31秒のプレーで、フリースロー2得点、2リバウンドをマークした。

 過去、日本人でNBA出場を果たしたのは、2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)ただひとり。渡辺は2人目という快挙を成し遂げた。

 206センチ、93キロという米国人にもひけをとらない体格を誇る渡辺は、バスケ一家に生まれた。父は実業団の強豪・熊谷組で、母はシャンソン化粧品で日本代表も経験した名選手だ。将来のNBAプレーヤーを目指し、尽誠学園から米ジョージワシントン大に留学。今年5月に卒業後、グリズリーズとツーウエー契約を結んだ。普段はグリズリーズ下部のハッスルに所属しながら、シーズン45日間のみ、NBA昇格が可能という契約だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る