バスケ買春で浮き彫り 東京五輪の一番の難敵は“性欲問題”

公開日: 更新日:

「できたら時計の針を戻して、そのときに戻って注意をしてあげたい」

 開催中のアジア大会(ジャカルタ)で発覚したバスケットボール4選手による買春騒動。21日、Bリーグ理事会後の会見で大河正明チェアマンは冒頭のように悔しさをにじませた。

 Bリーグは発足時の2016年から選手へリスク管理研修を実施。16年は全選手、2年目以降は新人を中心にコンプライアンスの周知を徹底した……はずだった。大河チェアマンは会見でこうも言った。

「再発防止と口で言うのは簡単かもしれませんが、難しい話だとも思う」

 “白旗”を揚げるには理由がある。買春行為をした4選手の平均年齢は約24歳。この年頃の選手は、競技を離れたら頭の中はアノ事ばかりといっても過言ではない。性欲は食欲、睡眠欲と並ぶ「三大欲求」といわれるものだけに厄介なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る