バスケ買春で浮き彫り 東京五輪の一番の難敵は“性欲問題”

公開日:

「できたら時計の針を戻して、そのときに戻って注意をしてあげたい」

 開催中のアジア大会(ジャカルタ)で発覚したバスケットボール4選手による買春騒動。21日、Bリーグ理事会後の会見で大河正明チェアマンは冒頭のように悔しさをにじませた。

 Bリーグは発足時の2016年から選手へリスク管理研修を実施。16年は全選手、2年目以降は新人を中心にコンプライアンスの周知を徹底した……はずだった。大河チェアマンは会見でこうも言った。

「再発防止と口で言うのは簡単かもしれませんが、難しい話だとも思う」

 “白旗”を揚げるには理由がある。買春行為をした4選手の平均年齢は約24歳。この年頃の選手は、競技を離れたら頭の中はアノ事ばかりといっても過言ではない。性欲は食欲、睡眠欲と並ぶ「三大欲求」といわれるものだけに厄介なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る