1打差2位タイ 畑岡奈紗に再び立ち塞がる“ユ・ソヨンの壁”

公開日: 更新日:

【TOTOジャパンクラシック】

 9月の日本女子オープンと似たような展開になってきた。

 勝ったユ・ソヨン(28)が7アンダーで回り単独首位発進。2位に終わった畑岡奈紗(19)は6アンダーの1打差2位タイにつけた。

 初日のペアリングも女子オープンと同じでユと畑岡は一緒だった。

「日本での開催なので、海外選手が勝つよりも日本選手が勝つ方が盛り上がると思います。自分の中では(女子オープンの)リベンジという意味で、あと2日がすごく大事になると思います」(畑岡)

 この日は2人ともバーディー数は7つ。ただノーボギーのユに対して、畑岡は1ボギー。9番パー3でピン奥4・5メートルから3パットをたたき、「もったいなかった」と振り返っている。

 日本女子オープン4日間のバーディー数は畑岡が18と、ユの17を上回った。しかしボギー数はユの2に対して、畑岡は6と差が開き、勝敗がついたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る