1打差2位タイ 畑岡奈紗に再び立ち塞がる“ユ・ソヨンの壁”

公開日:

【TOTOジャパンクラシック】

 9月の日本女子オープンと似たような展開になってきた。

 勝ったユ・ソヨン(28)が7アンダーで回り単独首位発進。2位に終わった畑岡奈紗(19)は6アンダーの1打差2位タイにつけた。

 初日のペアリングも女子オープンと同じでユと畑岡は一緒だった。

「日本での開催なので、海外選手が勝つよりも日本選手が勝つ方が盛り上がると思います。自分の中では(女子オープンの)リベンジという意味で、あと2日がすごく大事になると思います」(畑岡)

 この日は2人ともバーディー数は7つ。ただノーボギーのユに対して、畑岡は1ボギー。9番パー3でピン奥4・5メートルから3パットをたたき、「もったいなかった」と振り返っている。

 日本女子オープン4日間のバーディー数は畑岡が18と、ユの17を上回った。しかしボギー数はユの2に対して、畑岡は6と差が開き、勝敗がついたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る