日本女子OPでV3狙う 畑岡奈紗の敵は韓国人プロと難コース

公開日: 更新日:

「畑岡奈紗(19)が3連覇に挑むということで注目の大会ですが、昨年ほどスコアは伸びないでしょうね」

 日本女子オープン(27日開幕・千葉CC野田C)を前に、あるツアー関係者がこう言った。

 畑岡は一昨年、17歳で史上初のアマチュア優勝を成し遂げると、昨年は40年ぶりに連覇を達成。今季は19歳5カ月という日本勢最年少で米ツアー初優勝も手にした。3連覇となれば、第1回大会(1968年)から4連覇した樋口久子以来の快挙だが、今年は米女子ツアー賞金ランク4位(1勝)のユ・ソヨン(28)が参戦。2016年3位、昨年2位の申ジエ(30)や、15年に日本女子オープンに優勝したチョン・インジ(24)も2度目の頂点に虎視眈々だ。

 さらに「舞台」もやっかいだ。主催の日本ゴルフ協会(JGA)のコースセッティングの指示はラフが80ミリから100ミリ。グリーンの速さは11フィートでコンパクション(硬さ)は24。セッティングに関してJGAに聞いたところ、「25日現在、コンパクションは21~22。24にはまだ足りていません。ラフに関しては、この時季は芝の成長が止まりかけているので伸びたり、伸びなかったりで管理が難しい。日の当たり方で若干の違いはありますが、80~100ミリは大丈夫です。場所によっては100ミリ以上のところもあります。雨が降れば重いラフとなり、選手にとっては厳しいでしょう」と、チーフトーナメントディレクターの安中新祐氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  3. 3

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る