育成初のシリーズMVP ソフト甲斐の人柄は“猛肩”とは正反対

公開日: 更新日:

 自慢のキャノン砲が火を噴いた。

 日本シリーズ記録となる6度の盗塁阻止で、育成出身初のシリーズMVPに輝いたのが、ソフトバンクの甲斐拓也(25)だ。二塁送球タイム最速1秒71の強肩は通称「甲斐キャノン」。広島の機動力を完全に殺し、チームを日本一に導いた。

 ソフトバンクで「カイ」と言えば、携帯電話のCMに出演していた「お父さん犬」こと「カイくん」を思い出すファンもいるだろう。ある球団スタッフは「甲斐も人懐っこい」と、こう話す。

「マジメで最後までグラウンドに残って練習するタイプ。ただ、鶴岡(現日本ハム)が在籍していた当時は非常に慕っており、どこに行くにも一緒に行動していた。捕手の技術でも疑問に思うことがあれば、しつこいくらい鶴岡に聞いていた。甲斐は170センチの小柄な体格に加えて、嫌みのない性格。尻尾を振りながら飼い主に愛嬌を振りまく愛犬さながらの姿に鶴岡も甲斐を可愛がり、自身の持っている技術を惜しげもなく伝授していた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る