ソフトB上林&広島誠也の活躍で 株を上げた“育ての親”とは

公開日: 更新日:

 ソフトバンク上林誠知(23)が三回に先制2ランを放った。この2死まで広島先発・野村に無安打に抑えられていたが、9番・甲斐が初安打を放つと、続く上林が甘いスライダーを右翼席中段へ叩き込んだ。

 上林はお立ち台で表情を変えずにこう言った。

「低めは長所。楽勝で(スタンドへ)行くと思った」

 第1戦は6タコ4三振に終わり、第2戦のスタメンから外された。ここまで12打数1安打と苦しんだが、値千金の一発となった。

 高卒2年目に「打撃を学びたい」と同僚の内川聖一(36)に弟子入り。自主トレに同行するようになって4年が経った。今季は打率・270、22本塁打。師匠からは「自分が引退する時は背番号1を引き継いでほしい」と後継者に指名されている。

 上林と同じ理由で2016、17年に内川に弟子入りしているのは、広島の4番・鈴木誠也(24)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る