ドラフト小園外して加速…ソフトBは西武・浅村取りに必死

公開日: 更新日:

「3年15億円」「4年20億円」――。華々しい金額がスポーツ紙を飾った。

 今オフ、FA宣言が濃厚といわれている西武の二塁手・浅村栄斗(27)。今季は32本塁打、127打点、打率.310の数字を残し、本塁打と打点はキャリアハイだった。西武は当然、慰留に必死。すでに残留交渉を行った渡辺SDは「すごい条件」「最大の評価」と、年俸2億1000万円からの大幅増を提示したことを示唆した。それを各スポーツ紙が推察したものが、冒頭の数字だ。

 もし、浅村がFA宣言するようなら、争奪戦は避けられない。中でも興味を示しているのが、二塁手が手薄なソフトバンクだ。

 昨季から誰もレギュラーに定着できず、日本シリーズでは川島慶三(35)と明石健志(32)が守っているが、何しろトシがトシ。浅村は是が非でも欲しい選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

もっと見る