ドラフト小園外して加速…ソフトBは西武・浅村取りに必死

公開日: 更新日:

「3年15億円」「4年20億円」――。華々しい金額がスポーツ紙を飾った。

 今オフ、FA宣言が濃厚といわれている西武の二塁手・浅村栄斗(27)。今季は32本塁打、127打点、打率.310の数字を残し、本塁打と打点はキャリアハイだった。西武は当然、慰留に必死。すでに残留交渉を行った渡辺SDは「すごい条件」「最大の評価」と、年俸2億1000万円からの大幅増を提示したことを示唆した。それを各スポーツ紙が推察したものが、冒頭の数字だ。

 もし、浅村がFA宣言するようなら、争奪戦は避けられない。中でも興味を示しているのが、二塁手が手薄なソフトバンクだ。

 昨季から誰もレギュラーに定着できず、日本シリーズでは川島慶三(35)と明石健志(32)が守っているが、何しろトシがトシ。浅村は是が非でも欲しい選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る