ドラフト小園外して加速…ソフトBは西武・浅村取りに必死

公開日: 更新日:

「3年15億円」「4年20億円」――。華々しい金額がスポーツ紙を飾った。

 今オフ、FA宣言が濃厚といわれている西武の二塁手・浅村栄斗(27)。今季は32本塁打、127打点、打率.310の数字を残し、本塁打と打点はキャリアハイだった。西武は当然、慰留に必死。すでに残留交渉を行った渡辺SDは「すごい条件」「最大の評価」と、年俸2億1000万円からの大幅増を提示したことを示唆した。それを各スポーツ紙が推察したものが、冒頭の数字だ。

 もし、浅村がFA宣言するようなら、争奪戦は避けられない。中でも興味を示しているのが、二塁手が手薄なソフトバンクだ。

 昨季から誰もレギュラーに定着できず、日本シリーズでは川島慶三(35)と明石健志(32)が守っているが、何しろトシがトシ。浅村は是が非でも欲しい選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る