日本開幕戦イチロー選手登録も…若返り改革で帰国後は暗雲

公開日: 更新日:

 17年間、ポストシーズン進出から遠ざかっているマリナーズが、ついにチーム再建に乗り出す。

 CBSスポーツ(電子版)が6日(日本時間7日)に報じたところによれば、今オフにも中堅とベテラン選手を放出し、若手主体のチーム編成を行うという。

 記事によると、エース右腕ヘルナンデス(32)、今季ノーヒットノーランを達成した左腕パクストン(30)、今季26本塁打のハニガー外野手(27)らが放出要員に挙がっている。

 メジャー最年長野手であるイチロー(45)も決して安泰ではない。今年5月に選手登録を外れ、球団の会長付特別補佐に就任。

 これまで通り、試合前の練習で汗を流すと同時に、打撃投手を務めるなどチームのサポート役に徹してきた。

 6日(同7日)に開幕したGM会議(カリフォルニア州)に出席したディポトGMは、来年3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)のロースターについて「(イチローが)日本に行き、登録メンバーに名前が入るものと思っている」と明言。しかし、「その後のことは分からない。考えは固めずにいる」と帰国後の処遇に関しては言葉を濁した。

 マリナーズが思い切った改革を断行すれば、来季のイチローはユニホームを脱ぐことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る