日本開幕戦イチロー選手登録も…若返り改革で帰国後は暗雲

公開日:

 17年間、ポストシーズン進出から遠ざかっているマリナーズが、ついにチーム再建に乗り出す。

 CBSスポーツ(電子版)が6日(日本時間7日)に報じたところによれば、今オフにも中堅とベテラン選手を放出し、若手主体のチーム編成を行うという。

 記事によると、エース右腕ヘルナンデス(32)、今季ノーヒットノーランを達成した左腕パクストン(30)、今季26本塁打のハニガー外野手(27)らが放出要員に挙がっている。

 メジャー最年長野手であるイチロー(45)も決して安泰ではない。今年5月に選手登録を外れ、球団の会長付特別補佐に就任。

 これまで通り、試合前の練習で汗を流すと同時に、打撃投手を務めるなどチームのサポート役に徹してきた。

 6日(同7日)に開幕したGM会議(カリフォルニア州)に出席したディポトGMは、来年3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)のロースターについて「(イチローが)日本に行き、登録メンバーに名前が入るものと思っている」と明言。しかし、「その後のことは分からない。考えは固めずにいる」と帰国後の処遇に関しては言葉を濁した。

 マリナーズが思い切った改革を断行すれば、来季のイチローはユニホームを脱ぐことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る