大谷もVTR室に缶詰? エンゼルス新打撃コーチは映像オタク

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)の打撃面の上司が決まった。

 ブラッド・オースマス監督、ダグ・ホワイト投手コーチに次いで、打撃コーチにジェレミー・リード氏(37)が就任。今季、チーム打率2割4分2厘と低迷した打線のテコ入れを図る。

 現役時代にマリナーズでイチローと同僚だったこともあるリード新コーチ。選手時から若手の面倒見の良さを評価され、ダイヤモンドバックスを最後に引退した2013年に、古巣ブルワーズのマイナーの巡回打撃コーチに就任した。

 ブルワーズでは、主に若手選手を指導すると同時に、故障でマイナー調整する選手の復帰を手助けした。16年にエンゼルスの打撃コーディネーターに就いてからは、映像を駆使した指導を導入。打撃練習の際に、身ぶり手ぶりでアドバイスするだけではなく、選手がイメージしやすいよう、好不調時の打撃フォームを比較したビデオを作成するなど、その丁寧な指導には定評があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る