大谷もVTR室に缶詰? エンゼルス新打撃コーチは映像オタク

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(24)の打撃面の上司が決まった。

 ブラッド・オースマス監督、ダグ・ホワイト投手コーチに次いで、打撃コーチにジェレミー・リード氏(37)が就任。今季、チーム打率2割4分2厘と低迷した打線のテコ入れを図る。

 現役時代にマリナーズでイチローと同僚だったこともあるリード新コーチ。選手時から若手の面倒見の良さを評価され、ダイヤモンドバックスを最後に引退した2013年に、古巣ブルワーズのマイナーの巡回打撃コーチに就任した。

 ブルワーズでは、主に若手選手を指導すると同時に、故障でマイナー調整する選手の復帰を手助けした。16年にエンゼルスの打撃コーディネーターに就いてからは、映像を駆使した指導を導入。打撃練習の際に、身ぶり手ぶりでアドバイスするだけではなく、選手がイメージしやすいよう、好不調時の打撃フォームを比較したビデオを作成するなど、その丁寧な指導には定評があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る