小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ヤクルト戦力外でトライアウト受験 成瀬復活に必要なもの

公開日: 更新日:

「クビになりました」

 先日、教え子の成瀬善久(33)から電話をもらった。4年間所属したヤクルトから戦力外通告を受けたが、まだ現役を続けたいと話していた。

 2003年のドラフト6巡目でロッテに入団。07年に16勝1敗、防御率1.82で最優秀防御率のタイトルを獲得した。その後もロッテのエースとして活躍。15年にヤクルトに3年契約でFA移籍したものの、計6勝11敗。今季は一軍で一度も投げられなかった。ヤクルト球団とファンには「期待を裏切ってしまって心残りです」と寂しそうに話していた。現在、故障などはないという。先輩の松坂(中日)が復活を果たしたことも刺激になっているようだ。

 受験したトライアウトをテレビで見た。球速は133キロ。もともと速い方ではないが、もう少し球威が欲しい。生命線のコントロールも、全盛期と比べると、かなり甘い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る