中島・炭谷獲得で定位置が…G阿部「第3捕手」現実的おびる

公開日:  更新日:

 巨人がここ数日で米メジャー、パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ(27)、オリックスを自由契約となった中島宏之(36)を立て続けに獲得した。

 ビヤヌエバは本職は三塁だが、内野全般が守れる。原辰徳監督(60)は「岡本はサード中心。4番という位置でやってもらいたい」と今季は主に一塁だった岡本に三塁を守らせる構想がある。助っ人は一塁起用を念頭に置いた獲得だ。

 右の代打要員含みとはいえ、中島のポジションも一塁か三塁。そこではじき出される格好になるのが、来季は捕手復帰が決まっている阿部慎之助(39)である。

「現段階では捕手専念の方向だが、西武にFA移籍の意思を示した炭谷の入団も決まった。小林もいるし、年齢やブランクを考慮しても、阿部本人が『第3捕手でいい』と言っている通りの立ち位置が現実的。軸は一塁、たまに捕手。代打の切り札が主な役割でしょう。それが、一塁候補が続けて補強されたことで、阿部の戻るポジションが消滅してしまった」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る