先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

公開日:

 FA権を行使したオリックスの西勇輝(28=今季年俸1.2億円)が20日、ソフトバンクと2回目の交渉を行った。1度目に提示した「4年16億円前後」からさらに上積みした「4年20億円」を用意。現段階で額面を比較すれば、ソフトバンクが頭2つ分ほど抜けている。阪神は「年俸2.5億円の3~4年契約」、オリックスは「4年8億円」。DeNAは内容や条件をオープンにしていない。

 カネが決め手ならソフトバンクに即決だが、すでに1回目の交渉を終えている阪神、DeNA、オリックスとも2度目の交渉をするという。早々に楽天移籍を決断した西武の浅村とは対照的に、「年内に決められるかどうか」と胸中を吐露。進路を決めかねているフシもあるが、「残留だけはなさそうです」と話すのは、あるオリックス関係者だ。

「もともと目立ちたがり屋というか、もっと自分をアピールしたいが、オリックスでは限界があると感じている。そこへもってきて決定打になったのは、金子(千尋)とナカジ(中島裕之)の大減俸です。金子にいたっては年俸6億円からの5億円減というとんでもないダウン提示ですから。『自分も数年後には同じ目に遭うかもしれない』と思うのは無理もないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る