六川亨氏特別寄稿<下>W杯GL突破の日本にはいつも彼がいた

公開日:

 日韓共催W杯開幕の3カ月半前の2002年2月15日。英ポーツマスを訪れた。GKとして初の欧州移籍をかなえた川口能活に会いに行った。

 取材が終わった後、彼の運転するクルマでポーツマス港に近いレストランで夕食をともにした。

 体脂肪をコントロールするために「肉は鶏肉のささ身しか食べません」と徹底した体調管理が印象的だった。

 地元開催W杯を前に守護神の座を争っているGK楢崎正剛(名古屋)について「僕にとって特別な存在です。ナラがいたからこの年まで続けることができました」と現役最後の試合(2日のJ3鹿児島戦)前に川口は話してくれた。結局、日韓W杯は楢崎が正GKを務めたが、4年後の06年ドイツ大会ではグループリーグ3試合で川口が日本のゴールマウスを守った。

 初戦のオーストラリア戦では、執拗なロングボール攻撃に苦しんだ。DFの坪井慶介(山口)は身長179センチ、宮本恒靖(G大阪監督)は176センチ。空中戦は187センチの中沢佑二(横浜M)が担当した。しかし度重なる攻撃に中沢のジャンプ力が落ちてきた。そこで180センチの川口が「佑二が疲弊していたので飛び出した方がいいと判断した」場面で失点を食らい、最後は逆転負けを喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る