六川亨氏特別寄稿<上>サッカー界の衰退を止めた炎の守護神

公開日:

 12月2日。今季J3最終戦の相模原―鹿児島戦で元日本代表GKの川口能活(43)が、現役最後となる公式戦を完封勝利で飾った。計6クラブでプロ生活25年。Jリーグ通算507試合出場。W杯には1998年仏大会から4大会連続で出場。国際Aマッチ116試合出場は日本歴代3位タイだ。数々の偉大な記録とともに「炎の守護神」は、静かにユニホームを脱いだ。

 94年に横浜M入り。翌95年にレギュラーポジションを奪った。しかし95年は、Jリーグに陰りの見えた年でもあった。

 93年のJリーグ開幕でサッカー人気が爆発。しかし94年米国W杯は「ドーハの悲劇」で本大会出場を逃し、プラチナチケットだったJリーグの観客動員が落ち込み、初めて当日券を販売するようになった。そして迎えた96年3月のアトランタ五輪予選である。五輪出場を逃すようであれば、サッカー界は衰退に拍車が掛かるところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る