“見えざる手”働く? カズが東京V出戻り&現役引退の怪情報

公開日:

 8日の「J1参入プレーオフ決定戦」の対戦カードは、J1・16位の磐田と今季J2で6位ながら5位の大宮、3位の横浜FCを相手に連勝した東京Vが対戦することになったが、サッカー界で「最終的に東京Vが勝ち上がり、アノ人が出戻るみたい」というウワサが駆け巡っている。

「アノ人とは、東京Vの前身である読売クラブ時代からヴェルディの看板選手にして現横浜FC所属の三浦カズです」とは某サッカー関係者。

「横浜FCが東京Vに勝っていれば、磐田との参入戦は<現役最年長51歳のカズがJ1に返り咲くか?>と盛り上がったはずです。東京Vに負けて話題にならなくなったと思いきや、<カズは結局J1に行く>という話が流れている。“見えざる手”が働いて東京Vが磐田を下し、カズが古巣に移籍するというのです」

 これには「カズの現役引退」が関わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る