これから試練…16歳・紀平梨花を待つ体重管理と身体の変化

公開日:

 すっかり時の人となった。

 グランプリ(GP)ファイナルに初出場で初優勝を果たした紀平梨花(16)。シニア1年目の大会制覇は2005年の浅田真央以来13年ぶりの快挙だ。現在、女子でトリプルアクセル(3A)を跳べる日本選手は紀平だけ。3Aは真央の代名詞だったこともあり、周囲は「真央の再来」とかまびすしい。

 紀平と真央は「境遇」も似ている。紀平は今年1月の全日本選手権で3位に入るも、翌月の平昌五輪出場には年齢制限規定に21日足らず。浅田は05年のGPファイナルで優勝したが、翌06年トリノ五輪は「規定」に87日届かなかった。

 トリノから4年後、真央は20歳で初五輪のバンクーバー大会に出場。直前の4大陸で優勝、全日本は4連覇を果たしたこともあって金メダルが期待されたが、ジュニア時代からの宿敵だったキム・ヨナ(韓国)に負け、銀メダルに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る