マリナーズGMが緊急入院 雄星の獲得交渉で心労がピーク?

公開日:

 メジャーを代表するタフネゴシエーター(手ごわい交渉人)と対峙して無理がたたったか。

 マリナーズのジェリー・ディポトGM(50)が11日(日本時間12日)に体調不良を訴えて、ウインターミーティングが行われているネバダ州ラスベガス市内の病院に緊急入院。病床で、球団とトレード交渉を行い、13日にはインディアンス、レイズとの間で三角トレードをまとめた。

 球団は詳しい病状を明らかにしていないが、ウインターミーティングでの他球団や代理人との再三にわたる交渉で、心労がピークに達したとしても不思議ではない。マリナーズは今オフ、西武からポスティングシステムでメジャーに移籍する菊池雄星(27)の獲得を目指している。ディポトGMは「(菊池獲得は)今オフの最優先事項」と断言。すでに菊池の代理人であるスコット・ボラス氏と接触したとみられ、米国を代表するタフネゴシエーターを相手に条件面を巡るせめぎ合いから、神経をすり減らした可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る