市場に好左腕ズラリ…代理人強気も菊池雄星の“優先順位”は

公開日:

 日本人左腕の交渉にも影響を及ぼしそうだ。

 各球団の編成担当者、代理人らが一堂に会するウインターミーティング(ネバダ州ラスベガス)が開幕した。4日間にわたって行われる会議では、西武からポスティングシステムでの移籍を目指す菊池雄星(27)も注目選手のひとりではある。

 メジャーでも貴重な左腕なだけに代理人のスコット・ボラス氏は「メジャーの大半の投手よりも球速は上、需要はとてもある」と強気な姿勢を崩さないものの、各球団の反応は鈍いという。

 会場のラスベガス市内のホテルで、各GMの関心はサイ・ヤング賞のカイクル(30=前アストロズ)、ベテランのハップ(36=前ヤンキース)らのFA左腕に集中。いずれも実績のある投手ばかりだ。現地で取材中の放送関係者によれば、今回の会議での商談の中心になりそうなのは、2014年のワールドシリーズMVP左腕のジャイアンツ・バムガーナー(29)だ。来季で契約が切れることから、ジャイアンツでは今オフの放出を検討。ライバル球団のドジャースから引き抜かれたばかりのザイディ編成本部長は、エース左腕放出の見返りに他球団の若手有望株の獲得を見込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る