イチローの元同僚ボーアがエ軍入り 大谷に弟子入り志願も

公開日:

 大谷翔平(24)が所属するエンゼルスが、フィリーズからFAになっていたジャスティン・ボーア内野手(30)を獲得した。

 今季は打率2割2分7厘ながら、20本塁打を放ったボーアは来季、右膝手術明けのプホルス内野手と一塁で併用される見込みだ。

 このボーアはマーリンズ時代に同僚だったイチロー(現マリナーズ)を尊敬しており、17年オフにはわざわざ神戸での自主トレに参加した。

 ボーアは向上心が旺盛で、イチローを師と仰ぐのも単にメジャーで実績を残しているからではなく、野球に取り組む真摯な姿勢に感銘を受けたからだそうだ。

 レベルアップには、どこまでも貪欲だ。マーリンズ時代には、イチローはもちろん、若手選手に自らアドバイスを求めたという。

 ボーアが来季、二刀流大谷の調整法を目の当たりにすれば、興味が湧いて当然だ。同じ左打ちでもあるだけに、特大の一発を放つ大谷から技術を盗もうと、ベンチやクラブハウスで質問攻めにするに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る