高橋大輔も危機感…男子フィギュアに押し寄せる“後進不足”

公開日: 更新日:

 49.48点――。この壁はあまりに高くて厚い。

 24日、5年ぶりとなる全日本フィギュアの舞台で2位になった高橋大輔(32)。大会3連覇を果たした宇野昌磨(21)と50点近くの大差をつけられて上がった表彰台に、「まさかの2位」と苦笑いを隠さなかった。

 全日本は3位以内で世界フィギュア(3月)の出場資格を得るが、高橋はこれを辞退。理由を聞かれ、こう説明した。

「後輩たちが成長して羽生(結弦=24)くんを抜かしていく。(宇野)昌磨を抜かしていく。これから出てくる若い人たちがどんどんレベルアップしてほしい気持ちが、自分が活躍したい気持ちと同じくらいあります」

 高橋が後進育成を見据える先には、層の薄い次世代への危機感がある。

 羽生や宇野に続く世代として期待されるのは、今大会5位でジュニアグランプリ(JGP)シリーズで3度の表彰台に立った島田高志郎(17)を筆頭に、同4位の友野一希(20)、同10位の山本草太(18)らがいる。だが、五輪の表彰台を狙う上で不可欠となる4回転ジャンプの完成度は高いとはいえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る