高橋大輔も危機感…男子フィギュアに押し寄せる“後進不足”

公開日: 更新日:

 49.48点――。この壁はあまりに高くて厚い。

 24日、5年ぶりとなる全日本フィギュアの舞台で2位になった高橋大輔(32)。大会3連覇を果たした宇野昌磨(21)と50点近くの大差をつけられて上がった表彰台に、「まさかの2位」と苦笑いを隠さなかった。

 全日本は3位以内で世界フィギュア(3月)の出場資格を得るが、高橋はこれを辞退。理由を聞かれ、こう説明した。

「後輩たちが成長して羽生(結弦=24)くんを抜かしていく。(宇野)昌磨を抜かしていく。これから出てくる若い人たちがどんどんレベルアップしてほしい気持ちが、自分が活躍したい気持ちと同じくらいあります」

 高橋が後進育成を見据える先には、層の薄い次世代への危機感がある。

 羽生や宇野に続く世代として期待されるのは、今大会5位でジュニアグランプリ(JGP)シリーズで3度の表彰台に立った島田高志郎(17)を筆頭に、同4位の友野一希(20)、同10位の山本草太(18)らがいる。だが、五輪の表彰台を狙う上で不可欠となる4回転ジャンプの完成度は高いとはいえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る