元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

【アジア杯直前寄稿】DF冨安健洋 吉田麻也の背中を追って

公開日:  更新日:

「吉田麻也(サウサンプトンDF)の後継者」と期待される20歳の大型DFが現れた。ベルギーでプレーしている冨安健洋(シントトロイデン)だ。アジアカップ直前の練習試合では、守備的MFとしてテストされた若武者は「どこをやるにしても監督に言われたところでやるのが代表のあるべき姿」と堂々と発言。年齢とはかけ離れた冷静さと落ち着きで勝負する。

 初戦のトルクメニスタン戦(日本時間9日午後8時キックオフ)の前日調整では、DF長友と笑顔でボール回しやロングパス交換の練習を行い、充実感を漂わせた。練習後に「(期待やプレッシャーなど)周りを気にしないで心を含めて良い準備をしたい」と力強く語ったDF冨安に現地で迫った。

  ◇  ◇  ◇

 アビスパ福岡生え抜きの冨安は、野球と剣道をやっていた父、陸上選手だった母のDNAを引き継ぎ、ズバぬけた走力と運動神経を誇っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る