元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

“先輩”香川を超えるか トップ下後継者・南野拓実の素顔

公開日:

 森保ジャパン5戦4発のザルツブルクMF南野拓実にとって、アジアカップは「偉大な先輩超え」のチャンス。同じセレッソ大阪から欧州に移籍した香川真司(ドルトムントMF)の「トップ下後継者」と位置付けられているが、香川は2度のアジアカップで苦労の連続だったからだ。

 現地7日、初戦トルクメニスタン戦(9日)の行われるアブダビで午後5時から練習開始。南野は、セレッソ時代の先輩に当たるベティスMF乾貴士と初共演。目を輝かせてボールを追い掛けた。練習終了後には「もう一日しっかり戦術など確認して試合に臨みたい」などと良い緊張感を漂わせながらコメントした。中東の地で<香川超え>を見せられるのか? 現地取材中のサッカージャーナリスト元川悦子氏が探った。

  ◇  ◇  ◇

「ロシア(W杯)を戦ってきた選手に比べたら自分はまだ全然です。だけど、真司君のプレーをそのまま真似するわけではない。まずは思い切りプレーしようというのが一番です」と話す南野。常に<挑戦者意識>で日本代表に挑んでいる。というのもザッケローニ監督時代、ハリルホジッチ監督時代とも代表に定着できなかったからである。ビジュアル的にスマートな印象で見られがちだが、素顔は闘争心あふれるファイターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る