広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

公開日: 更新日:

 巨人は18日、都内のホテルでスタッフ会議を開いた。原辰徳監督(60)をはじめとした首脳陣、スタッフが3時間半を超えるミーティングで、今季のチーム方針、春季キャンプの一、二軍メンバーの振り分けなどを行った。原監督は「この組織で大きな目標に向かっていくという意思確認をした」と話した。

 4年連続V逸中の巨人にとって、リーグ3連覇中の広島が最大のライバル。昨季も7勝17敗1分けと一方的にやられている。ここ数年のスタッフ会議では、「広島対策」が恒例の話題となっているが、原監督は「広島? まだ相手を見るというよりは、自分のチームをどういうふうに戦う“軍”にするか。ジャイアンツというチームをしっかりつくること」とかわした。

 しかし、コーチ陣は違った。吉村打撃総合コーチは「対広島というより、反省すべきはホームゲーム(33勝38敗1分け)。カープはマツダ(スタジアム)で貯金20。そのへんの差が出ている。うちはホームで貯金が作れていない(借金5)のに、優勝なんてできるわけがない」とした上で、FAで広島から加入した丸について「心強い。広島がホームで強い理由を聞く? せっかく加わってくれたんだし、ゆっくり聞いてみたいよね」とニヤリと笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る