ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位ルーキー高橋優貴(21=八戸学院大)が16日、ジャイアンツ球場で行われている新人合同自主トレで、初めてブルペンに入った。捕手を立たせたまま20球。米マリナーズ移籍が決まった菊池雄星ばりの2段モーションを披露し、視察した宮本投手総合コーチを「一瞬の“間”を感じた。ハートがクギ付け。惚れちゃう」とうならせた。

 前日には畠もブルペン入りで仕上がりの早さをアピールした。先発ローテーションの人数を「理想は5枚」とする原辰徳監督(60)だが、日程などを考慮し、「たぶん6人」。6番目は流動的な枠とする構想がある。

 先発枠争いは激しい。エース菅野、山口俊の2本柱に、ヤングマン、メルセデスの助っ人勢、昨季6勝の今村や、田口、高田、大江、前出の畠、高橋ら。さらに岩隈久志(37=前マリナーズ)が加入。関係者は「春のキャンプは一軍スタート。実績は十分。コンディションさえ良ければ、開幕ローテは当確。若手と競う立場じゃない」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る