イチローは米殿堂入り確実も…“球団と態度”が満票のネック

公開日: 更新日:

 米野球殿堂入り選手が22日(日本時間23日)に発表され、通算652セーブの最多記録を持つマリアーノ・リベラ(49=ヤンキース)が史上初の満票で選ばれた。同殿堂は引退後5年を経過した選手が候補となり、リベラは資格取得1年目で、投票した全米野球記者協会(BBWAA)全425人の支持を得た。

 日本人選手で殿堂入りを有力視されるのはマリナーズのイチロー(45)だ。10年連続の200安打、ゴールドグラブ賞受賞など実績は十分。リベラ同様、1年目から選出される可能性はあるか。

「殿堂入りに必要とされる75%の得票数は確実にクリアすると思う。ただ、スモールマーケットのシアトルを本拠地とし、番記者も少ないチームでプレーしたことがイチローの足かせになりかねません。現役時代にはメジャーを代表するDHといわれたE・マルティネスが今回、10年目にして選ばれたのも、所属球団がマリナーズだったことが一因とみられています」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る