MLB注目の“大谷2世”も出場消滅…目玉なきセンバツ甲子園

公開日: 更新日:

 超高校級右腕の出場が消滅した。

 岩手県高野連は6日、来春のセンバツ甲子園(3月23日開幕)の21世紀枠県推薦校に千厩の選出を決定。来秋ドラフトの目玉でMAX157キロを誇る佐々木朗希を擁す大船渡のセンバツ出場がなくなった。大船渡は秋季岩手大会の3位決定戦で敗退、21世紀枠での甲子園出場に望みをかけていた。

「来年の高校球界には、今から『来秋のドラフト1位は間違いない』と言われる、超高校級投手が4人いる。メジャーも注目している大船渡の佐々木、今夏甲子園で鮮烈デビューした創志学園(岡山)の150キロ右腕の西純矢横浜(神奈川)の152キロ左腕の及川雅貴、星稜(石川)の150キロ右腕の奥川恭伸です。このうち、佐々木に加えて西の創志学園が秋季中国大会準決勝でコールド負けし、及川の横浜も秋季関東大会準々決勝で敗れ、ともにセンバツ出場が厳しい情勢。『BIG4』のうち甲子園に出てくるのは、北信越大会を制した星稜の奥川だけという可能性が高い。来春は寂しい甲子園になりそうです」(アマチュア野球担当記者)

 ネット裏でアクビするスカウトの姿は見られそうだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る