カタールに完敗アジア杯V逸 森保Jの“戦犯”と今後の課題

公開日: 更新日:

「負けるべくして負けた試合でした」

 UAEで開催されたアジアカップ決勝(日本時間1日午後11時開始)の結果をスタジアムの記者席で見届けたサッカージャーナリストの中山淳氏は試合後、こう言った。

「カタールは、準々決勝で難敵の韓国相手に基本戦術の4DFを5DFに変更して守りを固め、カウンター攻撃に活路を見いだした。得点源は背番号11のMFアフィフと背番号19のFWアリのホットライン。分かり切ったことなのに森保ジャパンのベンチは特に前半、アフィフを<放置>した状態でプレーさせ、試合の流れを持っていかれた上、アリに先制点を決められた。森保監督というのは、選手の自主性に任せてしまうタイプの指導者ですが、相手を分析して勝つために最善を尽くしたカタールのスペイン人指導者サンチェスとの<差>は歴然としていました」(中山氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る