アジア杯活躍で移籍金急騰 CB冨安は欧州名門移籍に現実味

公開日: 更新日:

 日本代表関係者が「森保ジャパン最大の収穫」と口を揃える。日本が2大会ぶりの決勝進出を果たしたアジア杯で、一気にその存在感を増しているチーム最年少のCB冨安健洋(20=シントトロイデン)である。

 世界を知るDF長友佑都(32)が、「彼はすごい、本当に。ちょっと規格外」と驚嘆するプレーを連発。事実上の決勝戦といわれたイランとの準決勝では、「イランのメッシ」と称されるアジア最高のFWアズムンを完璧に封じ込め、完封勝利の立役者になった。

 現地で取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「高さ(188センチ)があり、フィジカルコンタクトにも強いうえ、スピードもある。プラスして1対1の駆け引き、冷静な判断力、クレバーさもストロングポイント。ベルギーへの移籍後、急激なスピードで成長しています。現時点で先輩CB吉田の後継者と言って差し支えないが、まだ二十歳で年齢的にさらなる成長の余地があるわけですから、末恐ろしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る