アジア杯決勝で日本を惑わすカタールの不気味“猫の目戦術”

公開日: 更新日:

 森保ジャパンがアジア王者をかけて2月1日、アジアカップの決勝戦に臨む。 

 相手は、初の決勝進出となったカタール。FIFA世界ランクは、日本の50位に対して93位と格下感が漂ってくる。2022年W杯の開催国とはいえ、これまで本大会出場歴はない。潤沢なオイルマネーでW杯開催権を“買い取った”とヤユする声も少なくない。

 ともあれ「事実上の決勝戦」といわれた準決勝で難敵イランを3―0で下した森保ジャパンに国内スポーツメディアは大喜び。「森保日本 Vの条件が整った」と言い切ったメディアもある。

「選手個々のレベル、所属クラブ、チームの総合力を考えると日本の優位は動かせませんが、カタールをくみしやすい相手と思い込むのは危険です」とは現地UAEで取材中のサッカージャーナリスト・中山淳氏である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る