森保Jは勝率10割…アジア杯SF進出までの「本当の評価」は

公開日: 更新日:

 FIFA世界ランキング50位の日本代表が24日、UAEで開催中のアジアカップ準々決勝で同100位のベトナムを退け、28日に行われる準決勝に進出してイラン(同29位)と対戦する。

 試合は終始、日本が格下相手に攻めあぐみ、カウンター攻撃にアタフタしてピンチを招く――の繰り返しだった。

 後半8分、MF堂安律(20=フローニンゲン)がPA内で倒されてPKを獲得。いったんはノーホイッスルで主審にプレーを流されたが、準々決勝から採用されたビデオアシスタントレフェリー(VAR)によってファウルと判定された。

 VARにもらったPKをMF堂安自らゴール右隅に蹴り込み、この1点を守り切った森保ジャパンが勝ち上がった。

「特に前半はベトナムがペースを握り、日本は実力差通りの試合運びができなかった。攻守のかなめであるボランチのMF柴崎岳(26=ヘタフェ)とMF遠藤航(25=シントトロイデン)に注目したが、2人ともミスが目立ってピンチを招くこともあった。森保ジャパン発足後、いまだに<中盤から前線にかけてのピッチ上のリーダー不在>が気掛かりです」(メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る